地域社会の繁栄に貢献できる企業を目指して

  1. HOME
  2. トピックス

トラック運転手はとても難しい仕事です

トピックス「運転するだけ」ではありません。トラック運転手は簡単な仕事ではありません。自家用車と違い大きさも重さもありますから、当然、運転自体も難しいです。でも、みんな運転は教習所で学んでいきますから大丈夫です。

<仕事>の大まかな流れ
出発前点検
異常があると走行中に大惨事なので出発前にトラックを点検します。それから、運行管理者による点呼を受けて、心身ともに問題なく運行できる状況か?アルコール検知や運行管理者との面談を行い、安全運行やその日の天候など含めて注意事項を確認します。運行管理者は運転手の安全運行を管理・指導することが役割です。交通ルールはもちろんトラックのこと、荷物のこと、運転者の健康チェックや天候状況の確認や、自然現象など様々な知識が要求されます。もし、運行管理に問題がある事故の場合、当然運行管理者も罰せられます。
整備管理者というトラック整備の責任者がいます。整備不良が原因の事故だとこの人も罰せられます


トピックス 出発、荷主の倉庫へ
荷物を積むところから始めます。倉庫到着後すぐ積めるかは不明ですが、大体積み込み時刻を想定して、到着時刻を設定してくれます。でも、当然ですが、他にもトラックがいたり、荷物がまだ出来上がっていなかったり、理由はいろいろですが、荷主の事情で数時間待たされたりすることもあります。

積み込み
やっと積み込み開始ですが、もちろん荷台を積める状態にしておきます。



トピックス
伝票をもらう

荷物と同じくらい大切な紙。荷物を配送するときに発行する伝票です。荷主から送り先の納品伝票をもらい、いよいよ荷物を届けます。送り先で納品伝票に受領印を押してもらい、納品伝票を荷主に渡して「確かに届けました」、「確かに受け取りました」という受領印を頂いて、お仕事完了です。受領印(伝票)がないとお金はもらえません。

さ出発!
運転手は連続で運転できる最大時間と、最低でも必要な連続休息時間などが法律で決まっています。


トピックス
送り先に到着。荷物を下ろす
事故が無くて、迷ったり遅れたりせずに無事予定通り到着しました。お疲れ様でした。出発から到着までドライバーは一人で運行します。あなたの無事を信じている家族のためにも、安全運転が一番の誇りにするドライバーになって下さい。



決して難しくはありません。安全でエコな運転を目指している会社で一緒に働きませんか。
(2014年07月25日)

ページの先頭へ戻る

「シーエス流通サービス株式会社」ホームページ開設いたしました

トピックス「シーエス流通サービス株式会社」ホームページ開設いたしました
これからもよろしくお願いします
(2011年03月04日)

ページの先頭へ戻る

2010年 秋 「シーエス流通サービス株式会社」 始動します!!

シーエス流通サービス株式会社の営業を始めます。卸業界で培った経験を生かし、お客様の満足度向上をめざします。